よろしければクリックをお願い致しますm(__)m


人気ブログランキング

素朴なギモンなんですけど、

よく上記のように
 
『アベノミクスの雇用回復はまやかし、実際はアベノミクスの失敗で国民が貧しくなって働きに出ざるを得なくなった人が増えただけだ』
 
というような主張がTwitterをはじめ、いたるところで散見されます。
 
もし仮に、これが正しいのだとしたら、労働市場に労働者が過剰に供給されてしまい、あっという間に有効求人倍率は下がってしまうと思います。
だって、景気が悪い=求人がない のに、働きたい人だけが増えるわけですから。
 
でも、実際にはこの通りなんです
有効求人倍率はどんどん上がっています。新規の求人倍率にいたっては2.5倍に迫る勢いです。
 

おかしいですね?

 
 
それも就業者数が増えているにも関わらずです。
人口が減った影響で就業者数が減っているというのならまだ分からなくもありません。
でも、実際には就業者数が増加し、人手が増えているにも関わらず人手不足になり、有効求人倍率が上昇しているわけです。
 
 
(余談)民主党政権時も求人倍率は増えていますが、就業者数が減りながらの求人倍率の回復なんですよね。同じ求人倍率の上昇でも安倍政権とは中身が違います。(/余談)
 
 
さて、これは一体どういう事なのでしょうか?
『アベノミクスの失敗で景気が悪くなった』という前提条件では全く辻褄が合わないですよね。
 
だって時給も増えているんですよ。
もし、景気が悪くなってやむを得ず働く人が増えているのだとしたら、企業は時給を上げようと思いますかね?
 
時給を上げずとも働かざるを得なくなった人が続々とやってくるわけですし、わざわざ時給を上げる必要はありません。
 
 
それとも、あれですか?
企業はアベノミクスのせいで貧しくなってしまった国民に同情して、時給を上げてくれたとでも言うのでしょうか・・・。
 
くぅ~~~泣かせてくれるじゃないですか。
日本もまだまだ捨てたもんじゃないですね!
 
・・・とまあ、冗談はここまでにして。
 
もうこれ、雇用が増えたのは景気が良くなっているからとしか考えられないですよね。
 
だいたい、景気が悪くなって仕事が無くなれば働こうにも働けないですし。
 
『アベノミクスの失敗で国民が貧しくなって働きに出ざるを得なくなった人が増えただけ』
 
これはアベノミクスを否定したいだけの人がひねり出した単なるドミナントストーリーですわ。
 
明らかに無理筋なのでもうあきらめた方が良いんじゃないでしょうか。

よろしければクリックをお願い致しますm(__)m


人気ブログランキング

関連記事