経済 賃金 雇用

民主党政権時代は仕事が無かったので働こうにも働けなかっただけ

更新日:


よろしければクリックをお願い致しますm(__)m


人気ブログランキング

ツイッターを何気なく眺めてたら志位委員長が こんなことを言っていたので、

『380万人が職を得た事がなんでいけないのか。
無職のままの方が良かったとでも?』

と呟いてみたところ、こんなリプをいただきました。

う~ん。本当にそうなのでしょうか?

でも以下のグラフを見ていただきたいんですよね

第1章 日本経済の現状とデフレ脱却に向けた動き
第3節 人口減少・少子高齢化の中での労働市場の変化 より
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2016/0117nk/n16_1_3.html

失業者の人数は、2009年から16年までに160万人減っており、その減少のトレンドは民主党政権時代も、安倍政権時も変わりありません。
順調に減っています。しかし、その減少の要因。減少に寄与している要因が全く別モノなのです。
2012年までは、グラフの青い部分。労働力人口の減少(非労働人口化)が失業者数減少要因の大半を占めていました。
これはつまり、労働者が就業を諦めて、非労働力人口になったために、失業者としてカウントされなくなっただけという事になります。
一方で、2013年以降は、就業者数の増加が失業者数を押し下げる要因になってきていることが分かると思います。

簡単にまとめると

  • 民主政権時の失業者数の減少 → 労働者が就業を諦めていたから
  • 安倍政権以降の失業者数の減少 → 就業者が増えたから


と、言うことですね。

失業者が就業を諦めてしまうほどのひどい経済状況。おそらく職を探しても碌な仕事が無い、ブラック企業ばかりだったのか、就職試験で落ちまくって心が折れてしまったのではないかと推測します。

ま、要するにこういうことですな。

普通の景気が悪い状況というのは働こうと思っても仕事がない状況だと思うんですけどねぇ。
働こうと思えば仕事がある今の状況。これが不景気なのでしょうか?
うーん。意味不明です。


もし仮に、不景気になったから働かざるを得なくなった人が増えた ←これが真だとすると
景気が悪くなるほど雇用が増えるという、過去例を見ない怪現象が今日本で発生しているということになりますなぁ。経済学の根底を覆す新事実となるやもしれませんね!
でもこれを『そのとおりだ!』と真顔で言っちゃう人がまだいるわけで・・・いやはや困ったものです。


よろしければクリックをお願い致しますm(__)m


人気ブログランキング

今更ながら、WordPressの新エディタGutenbergを使ってみましたが結構使いやすいですね。

-経済, 賃金, 雇用
-, ,

Copyright© ひろのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.