VPS関係 WordPress関係

VPSでWordPressのススメ

VPSは使いこなせればいろいろできて便利です

現在私はWordPressでブログ(ひろのひとりごと)を運営してますが、このブログ、VPS(Virtual Private Server)を立てて、そこにWordPressをインストールしてやってます。

※WordPressについてはこちら(ウイキペディア)を参照

VPSとは、サーバー事業者から仮想サーバーをまるごと一個借りる……というものなんですけど、レンタルサーバーとの違いは、サーバーやブログのインストールから設定まで全部自分でやるところですかね。

ある程度のIT知識は必要になりますが、自分で設定をイジれるので自由度が高く、使いこなせれば色んなことができちゃいます。

私がVPSでやっていることはこんな感じですかね

VPSでやっていること

  • ブログ(ひろのひとりごと、データエンジニアのひとりごと)
  • メールの転送(独自ドメインのメールを普段使いのGmeilに転送)
  • ツイッターの自動投稿(ブログ過去記事の投稿)
  • 定期的に統計ダッシュボードからのデータ取得しスプレッドシートへの書き込み
  • pythonで作ったWEBアプリの実行
  • Python、Linuxのお勉強

 

レンタルサーバーは他のユーザーと共用でサーバーを利用することになるので、自由度が低く、できることが制限されます。あと、スペックもちょっと低くて、他のユーザーがヘビーな方だったりすると、ページの表示速度が落ちる傾向もあります。

例えるならばレンタルサーバーは雑居ビルで、VPSは専用のオフィスみたいな感じかと。
まあ、厳密に言うと、VPSも雑居ビルなんですけど、レンタルサーバーに比べて、ある程度棲み分けがされているというイメージでしょうか?

他ユーザーへの影響を気にする必要は無いので、ソフトやモジュールのインストールとか、Pythonアプリケーションの実行とか好き勝手できます。

 

以前はレンタルサーバーを使ってブログを書いていたのですが、ブログの表示が遅かったり、PythonでいろいろやるのにLinuxのサーバーが欲しいということもあって、VPSに引っ越しました。

あと、VPSはKUSANAGIが使えるというのも魅力です。
KUSANAGIについては別エントリーで解説します。


で、私が利用しているVPSのプロバイダはさくらインターネットです。

理由はまあ、いろいろありますが

選んだ理由

  • まぁまぁ安い(一番安いやつで600円/月)
  • レンタルサーバーもさくらだったから(別のところ契約するのメンドイ)
  • KUSANAGIがプリインストールされているサーバーが選択できる
  • ストレージが全部SSD

 

さくらインターネットはまあ、ちょっと前に窓口の対応が悪いという事で炎上してました。ですが、あれはちょっと特殊な契約、利用法でのトラブルですし、普通に使っているならば、今まで対応が悪かったと感じたことはないですね。

で、ブログをVPSに乗り換えてみたら……爆速でしたw

ブログのアクセス解析をみたら、以前の直帰率が80%もあったのに、今ではほぼゼロです。
前はブログにアクセスしても、表示されるのが遅かったので、イライラしてお帰りになられていたものだと思われます。
(直帰率80%もあったのに長らく放置してた自分もどうかと思います。反省)

このブログの表示速度はかなり重要かと思います。

せっかく苦労して書いたブログ記事が、表示速度が遅いせいでユーザーが帰ってしまい、読まれないというのはちょっと悲しすぎます。

一番安いプランだとメモリは0.5Gくらいしかないんですけど、OSはLinux(自分はSentOS)だし、ストレージはSSDなんでかなり早いです。
KUSANAGIを使っている影響もあるかもしれませんが、

ま、興味がある人はさくらインターネットのVPS使って見てください。

で、その際には必ず「KUSANAGIプリインストール版」のサーバーを選ぶことをおススメします。速さが全然違いますので、

KUSANAGIについては別途エントリーします。

-VPS関係, WordPress関係

Copyright© データエンジニアのひとりごと , 2020 All Rights Reserved.